東京防災のブック(本)のPDFとKindle版

東京防災

「東京防災」とは東京都が災害に対する事前の備えや発災時の対処法などの役立つ情報をまとめたブック(本)です。

2015年9月1日に東京都民だった人に無料で配布されました。

とてもよくまとまっており、手元において何度も読むべき本だといえます。

東京都が都民向けに作成したものではあるものの、東京都民でなくてもたいへん有用な内容です。

現在でも東京防災(紙の本)は購入可能

現在、東京防災(紙の本)は有料で購入可能です。

東京防災
東京防災

都民に無料で配布した本をなぜ有料で・・・などと言うつもりはまったくありません。

東京防災の充実した内容と紙の本のコストを考えれば有料なのは当然だと思います。

東京防災のPDF版は無料ですが・・・

PDF形式の東京防災は以下のリンクから無料でダウンロードできます。

PDF形式はパソコン、スマホ、タブレットなどで読むことができます。

ただ、各章ごとにファイルが別になっており、ダウンロードするのも管理するのもちょっと面倒です。

Kindle版の東京防災

東京防災はKindle版も無料配布されており、パソコン、スマホ、タブレットで見るなら無料のKindle版がおすすめです。

PDF版と違い1つのKindle本としてまとまっており、Kindleアプリで誰でも簡単に管理できます。

東京防災
東京防災

Kindle版の東京防災はiOS(iPhone/iPad)、Android、Windows、MacのKindleアプリ、そしてKindle端末で読むことができます。

東京防災は一度読んでしまうとなかなか読み返さない小説などと違い、スマホやパソコンなど手持ちのすべての端末にダウンロードしておいて、空いた時間に何度も読み直すと新しい発見があります。

Kindle版の東京防災ならPDF版と違って端末間で読み終えた最後の位置を同期できます。

電車の中でスマホで読み、家のタブレットで続きを読めるのです。

災害時でも電池の心配がいらないKindle端末

Kindle版の東京防災の大きなメリットはe-ink(電子ペーパー)のKindle端末で読めることです。

スマホやタブレットは停電で充電ができなくなれば、数日で電池がなくなり動作しなくなります。

それに対してKindle端末は数週間(Kindle、Paperwhite、voyage)、または数ヶ月(Kindle Oasis)の間、電池が持つのです。

発光する液晶画面より発光しないe-inkのほうが読みやすいというメリットもあります。

もちろん、読み終えた最後の位置はスマホやタブレットのKindleアプリと同期します。

東京防災をダウンロードしたKindle端末を常に手元においておくのは悪くないかと思います。