電子ペーパー(e-ink)の端末比較

タブレットやパソコンの液晶画面で電子書籍を読むと紙の本と比べて目がとても疲れます。

原因は液晶のバックライトを見つめ続けることにあるようで、電子書籍をタブレットでなくバックライトがないKinldeで読むようにしてからまるで紙の本を読んでいるようで液晶と比べて目が疲れなくなりました。

Kindle以外にもバックライトがない電子ペーパー(e-ink)の端末をいくつか購入したのですが結局、Kindle以外は使わなくなりました。

なぜKindleなのか?その理由をまとめてみます。

電子ペーパー端末のカテゴリ

現在の電子ペーパー端末は大きく4つのカテゴリにわかれます。

  • Kindle
  • Kobo
  • DPT-RP1
  • E-Ink Android
  • YotaPhone

そして、できることは端末というよりこのカテゴリによって決まってきます。

  Kindle Kobo DPT-RP1 Android YotaPhone
電子書籍ストア Kindleストア 楽天ブックス Kindleストア
楽天ブックス
画面サイズ 6インチ 6〜7.8インチ 13.3インチ 6〜13.3インチ 4.7インチ
(e-ink面)
内蔵ストレージ 4〜32GB 4〜8GB 16GB 8〜16GB  32GB
SDカード H2Oのみ
PDF 要変換 要変換
ZIP 要変換
パフォーマンス
Webページ
を読む
EpubPress Pocket Pocket 通常の
ブラウザ
価格 安価 普通 高価 高価 安価

Kindle端末

Kindle

快適な操作感

過去に電子ペーパー端末を購入してガッカリした経験がある人は多いと思います。

電子ペーパーは描画速度が非常に遅いため、液晶を単純に電子ペーパーに置き換えただけではまったく使い物にならないからです。

Kindle端末は2016年10月のファームウエアアップデートによって、バラバラとページをめくれるようになりました。

液晶なら当たり前にできますが、Kindle以外の端末ではこのバラバラとページをめくる操作ができないのです。

1ページづつノロノロめくるかページ番号か章を指定してジャンプするしかありません。

この違いはあまりにも大きいです。

Kindleストアが使える

電子書籍ストアと聞いてほとんどの人が思い浮かべるのはKindleストアでしょう。

Kindle(キンドル)とはAmazon.com(アマゾンドットコム)が提供している電子書籍ストア、電子書籍リーダー、電子書籍アプリ...

Kindleストアを使える電子ペーパー端末はKindleかE-InkのAndroidしかありません。

そしてE-InkのAndroidでKindleストアを使うためには多少の手間が必要ですが、Kindleなら購入してすぐに電子書籍ストアが使えます。

Amazonプライムによる圧倒的なコストパフォーマンス

電子書籍端末の4つのカテゴリでどのカテゴリが一番お買い得か?

・・・と聞かれれば間違いなくKindleです。

理由はAmazonプライムです。

端末価格が安くなるだけなく、KindleオーナーライブラリーのKindleオーナーライブラリー対象本を無料で読めるメリットもあります。。

AndroidやスマホでもKindleアプリは使えますが、Kindle端末でなければKindleオーナーライブラリーは利用できないのです。

最近のキンドルのサービスと切っても切れないのがです。 また、話題のAmazonプライムビデオを視聴するためには、Amazonプ...

自炊もできる

紙の本をスキャンして電子書籍にする、いわゆる自炊については以下の記事をどうぞ。

電子書籍でいうところの自炊とは紙の本をスキャンし、電子書籍にすることです。 自炊した電子書籍はパソコンやタブレットで読むことも...

PDFは変換が必要

PDFは一応サポートしていることになっていはいますが、自炊PDFのようにすべてが画像で構成されたPDFをまともに表示することはできません。

PDFを読むには変換が必要です。

目に優しいe-inkのKindleで読書をしていると、眩しいパソコンの画面で読んでいるPDFファイルをKindleでも読みたくなりま...

WebページをEpubPressで読める

Kindle端末にはWebブラウザが内蔵されているものの「体験版」となっており、まったく使いものになりません。

ただ、パソコンのChromeブラウザで見ているWebページをKindle向けに整形してインターネット経由でKindleに転送して読むことができます。

Kindle端末にはブラウザが搭載されているため、目の疲れにくい電子ペーパーでウェブサイトを見ることができます。しかし現状、電子ペーパーのブラウザは実用になりません。ただ、解決方法はあります。

Kobo端末

最大7.8インチの大画面

Koboには画面サイズが7.8インチと6.8インチの機種があります。

kobo aura H2Oは楽天kobo電子書籍リーダーの「スタンダードモデル」です。 kobo aura H2OとEdition...
kobo aura ONEは対応のe-ink端末です。 7.8インチの大きなe-inkで電子書籍を読むことができます。 Ki...

Kindleと比べて大画面の機種を選択できるのがメリットです。

クーポンの魅力

楽天ブックスではクーポンで電子書籍が安く買える場合が多いのが魅力です。

電子書籍は管理の手間を考えてなるべくで購入しています。 しかし時々、楽天Koboで買ってしまうのはやはりクーポンの魅力です。 ...

ZIPをサポート

本をスキャンした画像ファイルをまとめてZIPファイルする方法が主にマンガの自炊本によく使われています。

Kobo端末はこうしたZIPファイルの拡張子をCBZに変更するだけで読むことができます。

ただし、たくさんのCBZファイルを本体に保管すると動作がとても遅くなります。

この問題があるために変換の手間は必要でも自炊用途ではKindleのほうがおすすめです。

電子書籍でいうところの自炊とは紙の本をスキャンし、電子書籍にすることです。 自炊した電子書籍はパソコンやタブレットで読むことも...

WebページをPocketで読める

PocketとはInstapaperと同様の「後で読む」系のサービスです。

パソコンやスマホなどからPocketにWebページを登録すると、Kobo端末から登録したWebページをダウンロードしてじっくり読むことができます。

Pocketについては以下をどうぞ。

仕事や勉強などでWebページを見ていると資料などとして保存しておきたいWebページが出てきます。ブラウザの「お気に入り」に登録(ブックマーク)しても、後日アクセスしたらWebページの内容が変わっているかもしれません。それどころかWebページ

 DPT-RP1

DPT-RP1とはソニーのPDF専用e-ink端末です。

大画面にもかかわらず、重さ349gとほぼ同じサイズのA4ノートより軽いまさに「デジタルペーパー」です。

13.3型の大画面

A4のPDFをほぼそのままのサイズで見れる13.3型の大画面です。

1,650×2,200で207ppiを実現しています。

電子ペーパーや液晶ディスプレイのスペックとしてよく出てくるPPIとは何でしょうか。 PPIとはPixel Per Inchの略...

残念な価格

その夢の環境を実現するための価格がこちらです。

デジタルペーパーDPT-RP1とは13.3インチのe-ink(電子ペーパー)を搭載したPDF専用端末です。 DPT-S1との比較 とは2...

E-Ink Android

ディスプレイにe-Ink(電子ペーパー)を使った中国製のAndroid端末が存在します。

PDFを変換なしにそのまま読めるのはメリットです。

ただ、Google PlayからKindleアプリやKoboアプリをインストールしてまともに動くかというと・・・

e-ink(電子ペーパー)のディスプレイはそれ自体は発光せず、ブルーライトを出さないなためか、液晶ディスプレイと比較して目が疲れませ...

YotaPhone

YotaPhoneとはロシアのYotaDevices社のAndroidスマホです。

スマホの表面に5インチのカラー液晶、背面に4.7インチのe-ink画面を搭載しています。

YOTAPHONE 2 (YD201) LTE, 32GB,SIMフリー Black [並行輸入品]
YOTAPHONE 2 (YD201) LTE, 32GB,SIMフリー Black [並行輸入品]

そして4.7インチのe-ink画面にAndroidの画面を表示してAndroidを操作することができます。

それなら前述のe-ink Androidと何が違うんだと思われるかもしれません。

前述のe-ink AndroidはKindleアプリやKoboアプリを普通にインストールして普通に使うことが大変難しいものがあります(詳細は以下の記事をどうぞ)。

e-ink(電子ペーパー)のディスプレイはそれ自体は発光せず、ブルーライトを出さないなためか、液晶ディスプレイと比較して目が疲れませ...

それに対して、YotaPhoneは背面にe-ink画面でAndroidアプリを普通に操作できるのです。

KindleアプリもKoboアプリも普通に使えますし、PDFもそのまま読めます。

Webブラウザさえもe-ink画面でサクサク見れるのです。

しかし、スマホゆえに画面が4.7インチと小さく、電子書籍端末としては苦しいものがあります。

おすすめは?

じゃあ、おすすめは何なんだ?と聞かれればこうなります。

液晶ディスプレイを見ていると目が疲れること、電子書籍が好きなことがあり、ディスプレイとして電子ペーパー(e-ink)を搭載した端末を...