PPIとは?

Retina

電子ペーパーや液晶ディスプレイのスペックとしてよく出てくるPPIとは何でしょうか。

PPIとはPixel Per Inchの略で、ディスプレイや画像が1インチあたり何個の画素(Pixel)で表現されるかを示す値です。

PPIの計算

画面のサイズ(Inch)と縦横の画素数(Pixel)から以下のように計算します。

PPI = √(横の画素数 × 横の画素数 + 縦の画素数 × 縦の画素数) ÷ 画面サイズ

PPIと目の疲れ

人間の網膜の解像度は約300 PPIです。

そのため、300 PPIの電子ペーパーや液晶ディスプレイであれば人間の目ではどんなに近くで見てもピクセル(画素)を識別できません。

実際にはディスプレイはある程度の距離で見るため、300より低いPPIでピクセルは識別できなくなります。

ピクセルが識別できるとディスプレイ上の文字の輪郭のギザギザ(ジャギー)が見えるため、文字がボケて見えます。

そして、この文字の輪郭のギザギザや画像のボケは目の負担になります。

せっかくブルーライトの少ない電子ペーパーでもPPIが低いとボケた文字を読むために目が疲れるわけです。

電子ペーパー端末のPPI比較

e-ink(電子ペーパー)端末は液晶に比べてピクセル(画素)の識別がしやすいです。

そのため、同じPPIでも液晶ではピクセルは識別できないのに、e-inkなら識別できてしまう場合があります。

もちろん、人間の網膜解像度である300 ppiならピクセルの識別は不可能で、小説など文字主体の本はもちろん、各ページが画像で構成された漫画や自炊本を読むにもまったく問題ありません。

しかし、e-inkの212 PPIでは人間の目でピクセル(画素)が識別できてしまうため、カラー液晶の189ppiのほうが読みやすい、といったことがおこります。

無印のKindleを「電子ペーパーなのに読みづらい」と言う人がいるのはPPIが低さが原因です。

実際、無印のKindleはマンガや自炊本を読むのには向きません。

こうしてみるとDPT-S1やN96は大画面は魅力ですが、PPIは低いことがわかります。

PPI 画面サイズ 解像度 機種
300ppi 7.8インチ 1,404×1,872 kobo aura ONE
6インチ 1,448×1,072 Kindle Paperwhite マンガモデル
Kindle Paperwhite
Kindle Voyage
Kindle Oasis
C67ML Carta2
256ppi 1,080×1,430 kobo aura H2O Edition 2
212ppi 758×1,024 kobo aura Edition 2
207ppi 13.3インチ 1,650×2,200 DPT-RP1
167ppi 6インチ 600×800 無印のKindle
150ppi 13.3インチ 1,200×1,600 DPT-S1
9.7インチ 825×1,200 N96

カラー液晶の電子書籍リーダーのPPI比較

カラー液晶はe-iniに比べてPPIの低さはあまり目立ちません。

しかし、長時間カラー液晶で電子書籍を読むならやはりPPIの高いFire HD 8がおすすめです。

PPI 画面サイズ 解像度 機種
189ppi 8インチ 800×1,280 Fire HD 8
171ppi 7インチ 600×1024 Fire 7
149ppi 10.1インチ 800×1,280 Fire HD 10