PPIとは?

Retina

電子ペーパーやディスプレイのスペックとしてよく出てくるPPIとは何でしょうか。

PPIとはPixel Per Inchの略で、ディスプレイや画像が1インチあたり何個の画素(Pixel)で表現されるかを示す値です。

スポンサーリンク

PPIの計算

画面のサイズ(Inch)と縦横の画素数(Pixel)から以下のように計算します。

PPI = √(横の画素数 × 横の画素数 + 縦の画素数 × 縦の画素数) ÷ 画面サイズ

PPIと目の疲れ

人間の網膜の解像度は約300 PPIです。

そのため、300 PPIの電子ペーパーであれば人間の目ではどんなに近くで見てもピクセル(画素)を識別できません。

実際には電子ペーパーはある程度の距離で見るため、300より低いPPIでピクセルは識別できなくなります。

しかし、200 PPI程度では人間の目でピクセル(画素)が識別できてしまいます。

ピクセルが識別できるとディスプレイ上の文字の輪郭のギザギザ(ジャギー)が見えるため、文字がボケて見えます。

そして、この文字の輪郭のギザギザや画像のボケは目の負担になります。

せっかくブルーライトの少ない電子ペーパーでもPPIが低いとボケた文字を読むために目が疲れるわけです。

電子ペーパー端末のPPI比較

こうしてみるとDPT-S1やN96は大画面は魅力ですが、PPIは低いことがわかります。

無印のKindleにいたってはPPIが低いだけでなく画面サイズも小さく、「電子ペーパーなのに読みづらい」と言われる理由がわかると思います。

300 ppi

小説など文字主体の本はもちろん、文字も掠れが目立ちやすい漫画や自炊本を読むにも十分なppiです。

7.8インチ(1,404×1,872ピクセル)

6インチ(1,448×1,072ピクセル)





256 ppi

漫画や自炊本が読めるギリギリのppiでしょうか。

6.8インチ(1,080×1,430ピクセル)

212 ppi

e-inkでこれ以下のppiは漫画や自炊本を読むのには向きません。

このppiであればかえって液晶のほうが読みやすいということがありえます。

Kindleストアの小説など文字主体の本なら十分に読めます。

6インチ(758×1,024ピクセル)

150 ppi

13.3インチ(1,200×1,600ピクセル)

9.7インチ(825×1,200ピクセル)

スポンサーリンク