Kindleの比較

Kindle Paperwhite

Kindle(キンドル)には無印のKindle、Paperwhite、Paperwhiteマンガモデル、Oasis、Voyageの5機種がありますが、どれを購入するのがいいのでしょうか。

スポンサーリンク

Kindleの比較表

Kindle無印 Paperwhite Paperwhite
マンガモデル
Voyage Oasis
プライム会員価格 4,980円 10,280円  12,280円
キャンペーン情報なし
追加価格
 +2,000円  +2,000円 +2,000 +2,000円  +2,000円
無料3G
追加価格
+5,200円 +5,200円 +5,210円
解像度 758×1,024
(212 ppi)
1072×1,448
(300 ppi)
 1072×1,448
(300 ppi)
1,072×1,448
(300 ppi)
1,072×1,448
(300 ppi)
ストレージ 4GB 4GB 32GB 4GB 4GB
標準カバー
軽さ
漫画
フロントライト
 ページめくりボタン

無印Kindle、Paperwhite、マンガモデルなら4,000円の割引

無印Kindle(キンドル)、Paperwhite(キンドルペーパーホワイト)、マンガモデルはAmazonプライム会員であれば通常価格から4,000円引きで購入することができます。

詳細は以下の記事をどうぞ

Amazonプライムのメリット
最近のキンドルのサービスと切っても切れないのがです。 また、話題のAmazonプライムビデオを視聴するためには、Amazonプライム会...

プライム会員の年会費が必要ですが、この3機種を購入するなら確実に会費の元はとれます。

無印Kindleは4,980円で購入できますが・・・

圧倒的に安いのが無印Kindleで、プライム会員ならなんと4,980円です。

しかし、ここまで安いのには理由があります。

解像度不足で読みづらい

758×1024と解像度不足です。

解像度が足りないと以下の問題が出ます。

  • 文字のジャギー(ギザギザ)が目立つ
  • 絵が汚い
  • 漫画が汚い

電子ペーパーには目が疲れないことを期待しているかと思います。

しかし、ジャギーの文字、汚い絵、汚い漫画を読むと目が疲れてしまい、なんのための電子ペーパーなのかわからなくなります。

漫画を読むにも向きません。

読めないことはないのですが、画面解像度が低いために絵の細部が掠れて読みづらいのです。

暗い場所で読めない

フロントライトがないため、暗い場所では読めません。

紙の本も暗い場所では読めませんので当然といえば当然なのですが、無印以外のKindleはフロントライトの薄明かりで暗い寝室でも読めるのです。

漫画か自炊ならPaperwhiteマンガモデル

Kindle Paperwhiteマンガモデルの登場以前、漫画を読む、または電子書籍を自炊するならKindle端末よりKobo端末がいい、と言われていました。

漫画本や自炊本はファイルサイズが大きいため、ストレージ容量が4GBしかないKindleではたくさんの漫画本をダウンロードしておくことができなかったからです。

それに対し、Kobo Aura H2Oは32GBまでのSDカードにたくさんのマンガ本を保存できます。

Kobo Aura ONEはSDカードは使えませんが、本体ストレージが8GBあります。

そのため、漫画用途ではKoboが使いやすかったのですが、2016年10月に32GBの本体ストレージを持つPaperwhiteマンガモデルが登場し、Kindleでもたくさんの漫画本を持ち歩けるようになりました。

Kindleで漫画を読む、または電子書籍を自炊するならこの漫画モデル一択です。

Voyageとキンドルオアシスなら片手でページがめくれる

Voyageとキンドルオアシス(Oasis)は本体にページめくり用の物理ボタンがついています。

もちろん、無印Kindleやペーパーホワイトでも画面にタッチすることでページをめくることはできますが、片手で本体を持ち、別の手で画面をタッチするため両手操作が必須です。

それに対し、物理ボタンがあると片手でページがめくれるのです。

ペーパーホワイトに対するVoyageとOasisの最大のアドバンテージはこれだと思っています。

他にはフロントライトの明るさの自動調整などにはそれほどありがたみには感じません。

圧倒的な軽さのKindle Oasis

長時間本を読む人なら腕の疲れや肩凝りに悩まされているかと思います。

原因はもちろん本の重さです。

Kindle端末で圧倒的に軽いのはKindle Oasis(キンドルオアシス)でわずか131gです。

軽さの秘密はバッテリーを本体と付属のレザーカバーの両方に内蔵し、読書時にレザーカバーを取り外すことです。

レザーカバーを装着するとカバーのバッテリーから本体にバッテリーに充電されます。

このような仕組のため、標準でレザーカバーがついてくるメリットがあります。

無料3Gは必要か?

3Gとは携帯電話回線の3Gのことです。

携帯電話するなら基本料金や通信料がかかりますが、Kindleの無料3Gはその名のとおり、無料の3G回線でKindleストアにアクセスできます。

3Gなしを選んでもWiFiはついていますので、スマホのテザリングを使えば外出先でもKindleストアにアクセスできます。

3Gなしに比べて5,200円も高くなりますので、テザリングができるスマホを持っているのであれば無料3Gはいらないのではないでしょうか。

キャンペーン情報とは

キャンペーン情報とは広告のことです。

広告は次の場面で表示されます。

  • ホーム画面の下部
  • スリープ中
  • スリープ解除後

さすがに読書中には広告は表示されません。

面倒なのはスリープ解除後に表示される広告です。

電源ボタンを押してスリープ解除してもすぐにKindleを使えるようにならず、広告が表示されるのです。

広告を消すために画面をスワイプする必要があります。

わずかな手間ではありますが、スリープ解除のたびに広告が出てくるのでウザいと感じます。

これに耐えられそうになければ2,000円追加して「キャンペーン情報なし」を購入します。

おすすめはPaperwhiteかマンガモデル

ずらずらと書きましたが、ではおすすめは何なの?

・・・というと前に書いたとおり、Kindle以前にまずはAmazonプライムです。

Amazonプライムで4,000円引きの権利を得たら、解像度の問題がなくコストパフォーマンスがよいPaperwhiteがおすすめです。

漫画を読むか電子書籍を自炊するならPaperwhiteマンガモデルです。

漫画を読まない、かつ自炊もしないなら通常のPaperwhiteがおすすめです。

スポンサーリンク