Kindleのブラウザ

Kindleのブラウザ(体験版)

パソコンでIEやChromeといったブラウザを長時間見ていると目が疲れる。

そのため、目が疲れない電子ペーパー(e-ink)でWebページを見たい。

しかし現状、電子ペーパー端末のブラウザでのWebページ閲覧は実用になりません。

ただ、解決方法はあります。

Kindleのブラウザは「体験版」

電子ペーパー(e-ink)のKindle端末には「体験版」のブラウザが搭載されています。

KindleのブラウザでYahoo!のトップページを表示させたのがこの記事の冒頭の写真です。

少なくともYahoo!のトップページは崩れることなく表示されているように見えます。

これはいい!電子ペーパーのKindleのブラウザなら目が疲れずにWebページを見れるぞ!

・・・となりそうですが、そんなに甘くありません。

表示が小さすぎる

Kindleの6インチの画面にパソコンと同じようにWebページが表示されるので、表示を拡大しないと読むこともリンクをクリックすることもできません。

ピンチ操作(スマホやタブレットでの拡大と同じように親指と人指指を広げる操作)で「一応」拡大はできるのですが、反応が遅すぎてストレスが溜まりまくります。

リンククリックの反応が遅すぎる

ブラウザでのWebページの閲覧はリンクをクリックしながら次々とページを切り替えていきます。

ところがKindleのブラウザではこのリンクのクリックがとにかく遅いのです。

クリックしてもなかなか反応せず、切り替え後のページの表示もとにかく遅いです。

スクロールが遅すぎる

ブラウザに「ページめくり」という概念はありません。

長い文章はスクロールして読んでいくのですが、このスクロールの動作が遅すぎます。

「体験版」の意味

つまり、Kindleのブラウザが「体験版」とされている理由は実用にならないから、ということのようです・・・。

電子ペーパーとブラウザの限界

Kindle以外にもブラウザを搭載した電子ペーパー端末はあります。

タブレットやパソコンの液晶画面で電子書籍を読むと紙の本と比べて目がとても疲れます。 原因は液晶のバックライトを見つめ続けること...

ディスプレイに電子ペーパー(e-ink)を採用したAndroid端末なら電子ペーパーで快適にブラウザを使えるのではないか・・・?

e-ink(電子ペーパー)のディスプレイはそれ自体は発光せず、ブルーライトを出さないなためか、液晶ディスプレイと比較して目が疲れませ...

そう思ってe-inkのAndroidも購入してみましたがダメでした。

電子ペーパーでWebページを見るのが難しい理由

少なくとも現在のブラウザは「高速に画面書き換えができること」を前提にしています。

それに対して電子ペーパー(e-ink)は画面書き換えに時間がかかります。

電子書籍のように1ページ読んではページめくり操作で画面書き換え、ならいいのです。

しかし、ブラウザのようなスクロールで読み進める、リンククリックで次々とジャンプする、などの操作は画面書き換えが遅い電子ペーパーでは無理があります。

もし仮にスクロールでなくページめくりで読み進むようなブラウザが開発されれば、電子ペーパーでも快適にWebページが閲覧できるかもしれませんが。

Webページを電子ペーパーで快適に読む

前述の通り、現状、電子ペーパー端末のブラウザでのWebページ閲覧は実用になりません。

しかし、KindleとPocketを組み合わせることで電子ペーパーでWebページを快適に読む方法があります。

Pocketに読みたいページを保存する

Pocketとはじっくり読みたいWebページを読みやすく整形してくれるサービスです。

Webページには広告、サイドバー、ヘッダー、フッターなど、本文以外の余計なものが相当含まれます。

Pocketはそうした余計なものを取り除き、Webページから本文と関連する画像のみを抽出して読みやすくしてくれます。

電子ペーパーでWebページを読むための前段階として、まずはこのPocketにWebページを保存します。

Pocketのアカウントを持っていなければ次のリンクから作成します。

Pocketの詳細についてはこちらの記事をどうぞ。

仕事や勉強などでWebページを見ていると資料などとして保存しておきたいWebページが出てきます。ブラウザの「お気に入り」に登録(ブックマーク)しても、後日アクセスしたらWebページの内容が変わっているかもしれません。それどころかWebページ

整形されたWebページをKindleに送信する

P2Kというサービスを使うとPocketによって整形されたWebページをKindleに送信して読むことができます。

Kindleのブラウザは使いません。

P2KはKindle本を作成し、ネット経由でKindleに送信します。

以下のリンクをクリックしてAmazonの「コンテンツと端末の管理」画面を開きます。

「端末」タブをクリックしてWebページを受け取るKindleの「Send-to-Kindle Eメールアドレス」をメモしておきます。

Send-to-Kindle Eメールアドレス

「設定」タブをクリックします。

コンテンツと端末の管理

画面を下にスクロールし、一番下の「承認済Eメールアドレスを追加」をクリックします。

Eメールアドレスとして delivery@p2k.co を入力し「アドレスを追加」ボタンを押下します。

承認済Eメールアドレスを追加

これでAmazonでの設定は終了です。

次に以下のリンクをクリックしてP2Kのホームページを表示し、「Get Started」ボタンをクリックします。

Pocketアカウントを入力して「認可」ボタンを押下します。

次のアプリがPocketアカウントへの接続を求めています

「Manage」画面で、「One Time」を選択し、「Start Delivery」ボタンを押下します。

Deliver right now

Amazonの「コンテンツと端末の管理」で表示された「Send-to-Kindle Eメールアドレス」を入力し、「Start Delivering Now!」ボタンを押下します。

Your Kindle delivery email address

数十秒から数分するとKindleのライブラリにこんな表紙の本が現れます。

P2Kの表紙

これがPocketが整形したWebページからP2Kが作成したKindle本です。

まるで電子書籍のようにWebページを読むことができます。