君の名は。の原作の小説と漫画

大ヒット映画、君の名を。を見ての率直な感想。

やっと時代は変わったな、です。

長らく映画館で見るアニメといえばジブリでした。

それだけジブリは凄かったということなのでしょうが、君の名を。がジブリを過去のものとしたのを感じました。

決して君の名を。がジブリより優れているとかいう意味ではなく、新しい時代が始まったという意味です。

映画の君の名。で感動を覚えれば自然と原作の小説や漫画も読みたくなります。

そしてそちらも時代が変わっています。

紙の本から電子書籍です。

君の名は。の原作の小説

Kindle版が文庫版より安く出ていますので、新しい時代にふさわしくKindleで読みましょう。

以下は同じ小説ですが、子供向けに表現が少し変わっています。

君の名は。 (角川つばさ文庫)

映画の続き?

外伝小説という位置づけですが、まるで映画の続きの読んでいる感じになります。

君の名は。Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)

漫画

君の名は。のコミカライズ版です。

小説の映画で映像化されていない箇所が漫画になっていたりして新しい発見があります。

君の名は。 (コミックアライブ)

何で読むか?

スマホのKindleアプリでももちろん読めます。

小説を読むならやはり目が疲れない電子ペーパーのKindleがおすすめです。

Kindle(キンドル)には無印のKindle、Paperwhite、Paperwhiteマンガモデル、Oasis、Voyageの5機種がありますが、どれを購入するのがいいのでしょうか。