電子ペーパー(e-ink)の端末比較

DPT-S1

タブレットやパソコンの液晶画面で電子書籍を読むと紙の本と比べて目がとても疲れます。

原因は液晶のバックライトを見つめ続けることにあるようで、電子書籍をタブレットでなくバックライトがないKinldeで読むようにしてからまるで紙の本を読んでいるようで液晶と比べて目が疲れなくなりました。

Kindle以外にもバックライトがない電子ペーパー(e-ink)の端末をいくつか購入したのですが結局、Kindle以外は使わなくなりました。

なぜKindleなのか?その理由をまとめてみます。

電子ペーパー端末のカテゴリ

現在の電子ペーパー端末は大きく4つのカテゴリにわかれます。

  • Kindle
  • Kobo
  • DPT-S1
  • E-Ink Android

そして、できることは端末というよりこのカテゴリによって決まってきます。

Kindle Kobo DPT-S1 Android
Kindleストア
楽天ブックス
BOOK☆WALKER
画面サイズ 6インチ 6〜7.8インチ 13.3インチ 6〜13.3インチ
内蔵ストレージ 4〜32GB 4〜8GB 4GB 8〜16GB
SDカード H2Oのみ
PDF 要変換 要変換
CBZ 要変換
パフォーマンス
印刷先
オンラインストレージ
Webページを読む Instapaper Pocket Pocket
Instapaper
価格 プライム会員価格あり 普通 かなり高価 高価

Kindle端末

Kindle

快適な操作感

過去に電子ペーパー端末を購入してガッカリした経験がある人は多いと思います。

電子ペーパーは描画速度が非常に遅いため、液晶を単純に電子ペーパーに置き換えただけではまったく使い物にならないからです。

Kindle端末は2016年10月のファームウエアアップデートによって、バラバラとページをめくれるようになりました。

液晶なら当たり前にできますが、Kindle以外の端末ではこのバラバラとページをめくる操作ができないのです。

1ページづつノロノロめくるかページ番号か章を指定してジャンプするしかありません。

この違いはあまりにも大きいです。

Kindleストアが使える

電子書籍ストアと聞いてほとんどの人が思い浮かべるのはKindleストアでしょう。

Kindle(キンドル)とはAmazon.com(アマゾンドットコム)が提供している電子書籍ストア、電子書籍リーダー、電子書籍アプリ...

Kindleストアを使える電子ペーパー端末はKindleかE-InkのAndroidしかありません。

そしてE-InkのAndroidでKindleストアを使うためには多少の手間が必要ですが、Kindleなら購入してすぐに電子書籍ストアが使えます。

Amazonプライムによる圧倒的なコストパフォーマンス

電子書籍端末の4つのカテゴリでどのカテゴリが一番お買い得か?

・・・と聞かれれば間違いなくKindleです。

理由はAmazonプライムです。

端末価格が安くなるだけなく、KindleオーナーライブラリーのKindleオーナーライブラリー対象本を無料で読めるメリットもあります。。

AndroidやスマホでもKindleアプリは使えますが、Kindle端末でなければKindleオーナーライブラリーは利用できないのです。

Amazonプライムのメリット
最近のキンドルのサービスと切っても切れないのがです。 また、話題のAmazonプライムビデオを視聴するためには、Amazonプ...

自炊もできる

紙の本をスキャンして電子書籍にする、いわゆる自炊については以下の記事をどうぞ。

電子書籍でいうところの自炊とは紙の本をスキャンし、電子書籍にすることです。 自炊した電子書籍はパソコンやタブレットで読むことも...

PDFは変換が必要

PDFは一応サポートしていることになっていはいますが、自炊PDFのようにすべてが画像で構成されたPDFをまともに表示することはできません。

PDFを読むには変換が必要です。

KindleでPDFを変換して読む
目に優しいe-inkのKindleで読書をしていると、眩しいパソコンの画面で読んでいるPDFファイルをKindleでも読みたくなりま...

プリンタ代わりに使える

Windows PCかMacにSend to Kindleというソフトをインストールすることで「Kindle端末に印刷」することができるようになります。

ブラウザなどアプリの印刷機能に「Send to Kindle」が追加されるのです。

send-to-kindle

このSend to Kindleに対して印刷を実行すると前述のKindleパーソナルドキュメント経由でKindle端末に印刷結果が送信されます。

Webページなどを印刷してじっくり読みたい時など紙でなく、Kindle端末で読むことができとても便利です。

WebページをInstapaperで読める

WebについてはSend to Kindleの印刷機能の他にInstapaper経由でKindle端末で読む方法もあります。

Instapaperとはいわゆる「後で読む」系のサービスでWebページから文章をだけを抽出して読みやすくしてくれます。

そしてInstapaperにはWebから抽出した文章からKindle形式の電子書籍を生成し、Kinldeパーソナルドキュメント経由でKindle端末に送信する機能があるのです。

しかもパソコンなどからInstapaperにWebページを追加するだけで自動でKindle端末への送信までやってくれます。

では、Send to Kindle経由と何が違うかと言えば、Instapaper経由ではWebページの広告や画像が取り除かれ文章だけがKindle端末に送られます。

それに対し、Send to Kindle経由ではパソコンで見ているWeb画面が広告や画像も含めてKindle端末に送られる点が異なります。

Kindle(キンドル)には無印のKindle、Paperwhite、Paperwhiteマンガモデル、Oasis、Voyageの5機種がありますが、どれを購入するのがいいのでしょうか。

Kobo端末

Kindle

最大7.8インチの大画面

Koboには画面サイズが7.8インチと6.8インチの機種があります。

kobo aura H2Oは楽天kobo電子書籍リーダーの「スタンダードモデル」です。 kobo aura H2OとEdi...
kobo aura ONEは対応のe-ink端末です。 7.8インチの大きなe-inkで電子書籍を読むことができます。 Ki...

Kindleと比べて大画面の機種を選択できるのがメリットです。

クーポンの魅力

楽天ブックスではクーポンで電子書籍が安く買える場合が多いのが魅力です。

Koboのクーポン
電子書籍は管理の手間を考えてなるべくで購入しています。 しかし時々、楽天Koboで買ってしまうのはやはりクーポンの魅力です。 ...

CBZをサポート

CBZとは本をスキャンした画像ファイルをZIP圧縮して拡張子をCBZに変更したファイルです。

主にマンガの自炊本によく使われています。

kobo端末はこのCBZを標準でサポートし、PDFと違って全画面表示ができます。

そのため、Kobo端末で自炊本を扱う場合は通常はCBZを使います。

ただし、たくさんのCBZファイルを本体に保管すると動作がとても遅くなります。

この問題があるために変換の手間は必要でも自炊用途ではKindleのほうがおすすめです。

電子書籍でいうところの自炊とは紙の本をスキャンし、電子書籍にすることです。 自炊した電子書籍はパソコンやタブレットで読むことも...

WebページをPocketで読める

PocketとはInstapaperと同様の「後で読む」系のサービスです。

パソコンやスマホなどからPocketにWebページを登録すると、Kobo端末から登録したWebページをダウンロードしてじっくり読むことができます。

Pocketについては以下をどうぞ。

仕事や勉強などでWebページを見ていると資料などとして保存しておきたいWebページが出てきます。ブラウザの「お気に入り」に登録(ブックマーク)しても、後日アクセスしたらWebページの内容が変わっているかもしれません。それどころかWebページ

 DPT-S1

DTP-S1とはソニーのPDF専用電子ペーパー端末です。

大画面にもかかわらず、重さ384gとほぼ同じサイズのA4ノートより軽いまさに「デジタルペーパー」です。

DPT-S1

13.3型の大画面

A4のPDFをほぼそのままのサイズで見れる13.3型の大画面です。

ただし、画面が大きいですがPPIの低さには注意が必要です。

PPIとは?
電子ペーパーや液晶ディスプレイのスペックとしてよく出てくるPPIとは何でしょうか。 PPIとはPixel Per Inchの略...

webDAV対応

PDFはマイクロSDカードに入れることもできますが、webDAVのオンラインストレージもサポートされています。

Box、DropBoxなどがwebDAVに対応しています(OneDriveもwebDAVに対応していますが、DPT-S1からは接続できないようです)。

自炊PDFをオンラインストレージにアップロードしておき、DPT-S1でいつでもダウンロードして電子ペーパーで読書することができます。

電子書籍ストア未対応

ソニーはReader Storeを運営していますが、DPT-S1はReader Storeも含め電子書籍ストアには未対応です。

自炊PDF専用とも言える端末です。

 残念な価格

その夢の環境を実現するための価格がこちらです。

2017年6月5日にソニーからデジタルペーパーDPT-RP1が発売されます。 13.3インチの電子ペーパーを採用した端末です。...

E-Ink Android

ディスプレイにE-Ink(電子ペーパー)を使った中国製のAndroid端末が存在します。

PDFをそのまま読めるメリットはあるのですが、問題も多いです。。。

e-ink(電子ペーパー)のディスプレイはそれ自体は発光せず、ブルーライトを出さないなためか、液晶ディスプレイと比較して目が疲れませ...

おすすめは?

じゃあ、おすすめは何なんだ?と聞かれればこうなります。

液晶ディスプレイを見ていると目が疲れること、電子書籍が好きなことがあり、ディスプレイとして電子ペーパー(e-ink)を搭載した端末を...