青空文庫のアプリのおすすめ

青空文庫とはインターネットの電子図書館です。

著作権の消滅した本と「自由に読んでもらってかまわない」とされている本を無料で公開しています。

スポンサーリンク

ブラウザでは読みづらい

以下の青空文庫のサイトにブラウザでアクセスして本を読むこともできるのですが、あまり読みやすいとは言えません。

青空文庫にある夏目漱石の「こころ」をブラウザで表示させたのが以下です。

こころ

これ、読む気になれますか?

  • 日本の小説なのに横書き
  • スクロールする文字を追うと目が疲れる
  • 白地に黒文字はブルーライトがいっぱいで目が疲れる。

ブラウザの青空文庫用エクステンションなど、ブラウザでもう少し快適に読む方法はあります。

ただ、ブラウザで快適に読もうと頑張るよりも青空文庫を読めるアプリを使うのが早道です。

Kindleストアの青空文庫

Amazonが運営している電子書籍ストアであるKindleストアには青空文庫のコーナーがあります。

Kindle「ストア」と名がつくものの、これらの青空文庫本は「無料で購入」できます。

「無料で購入」した青空文庫本はKindleストアで購入した本と一緒に管理できます。

Kindleアプリや電子ペーパーで読む

Kindleストアの青空文庫(無料)はファイル変換などの手間をかけずに以下のKindleアプリや電子ペーパーで簡単、かつ快適に読むことができます。

スマホ・タブレット

パソコン

Kindle

Kindle(キンドル)には無印のKindle、Paperwhite、Paperwhiteマンガモデル、Oasis、Voyageの5機種がありますが、どれを購入するのがいいのでしょうか。

Fireタブレット

電子書籍の読みやすさならブルーライトを出さない電子ペーパー(e-ink)のKindleは圧倒的です。 しかし、6インチのモノク...

スマホのKindleアプリで読んでみる

iPhoneのKindleアプリでの江戸川乱歩の「怪人二十面相」を読んでみます。

怪人二十面相

ブラウザとは雲泥の差です。

  • 背景色と文字色を選択可能。
    • 黒地に白文字(上の写真)
    • 白地に黒文字
    • セピア調
  • 文字サイズ、行間を変更可能。
  • スクロールではなく本のように「ページめくり」で読み進めます。
  • スマホ、パソコン、電子ペーパーで読んでいる位置、しおり、ブックマークなどが自動で同期します。
    • 電車の吊革につかまりながらスマホで読んで、帰宅して続きを目に優しい電子ペーパーで読む、などということが特に何もしなくても自然にできるのです。

電子ペーパーが欲しくなる

たくさんの青空文庫の本をスマホやタブレットで読んでいるといくら目に優しい設定をしても、やっぱり目が疲れます。

目に優しい電子ペーパー(e-ink)を採用したKindle端末は青空文庫を読むのには最適です。

Kindle(キンドル)には無印のKindle、Paperwhite、Paperwhiteマンガモデル、Oasis、Voyageの5機種がありますが、どれを購入するのがいいのでしょうか。

スポンサーリンク